中学受験の際の受験先を選ぶ際の注意点

中学受験をされるご家庭も多いですが、中学を選ぶときには、1つ大切なポイントがあります。
それは中学、高校までか?大学までついているか?という2つの選択肢があるのです。この2つは結構大きな違いを生みます。

それは大学までついている場合は、当然順調にいけば高校まで進学して、大学にもそのまま進学するケースも多いです。
ただ、大学までついている中学の場合、大学は別の大学を受験する予定というケースもあるはずです。

中学、高校はよくても大学になるとランクが落ちてしまうケースが実はあります。その場合、大学受験を改めてすることになるので、そのことを考えないといけません。
ただ、ここで問題になるのは大学まである中学の場合、在学生の多くがそのまま付属の大学に進学するケースは少なくありません。

そうなると、お子さんが回りに流されてそのまま進学したくなってくる場合もあります。
高校までしかない場合は、強制的に大学に行く場合には受験が必要ですが、付属の大学があると、わざわざ受験勉強をしなくてもそのまま進学可能ですから、そこを選らんでしまうこともあるのです。

それで構わない場合は良いのですが、親としてそれが不本意な場合もあるので、大学まである中学を受験する場合には、大学進学のことまでトータルで考えて、その中学で良いのか?大学はそのまま進学予定か?改めて受験するのか?中学受験をする際には親子で考えましょう。